笛吹市で犬・猫以外の動物、小鳥、カメなども診療「石和どうぶつ病院」

ヒョウモントカゲモドキ

ヒョウモントカゲモドキ

病気と症状

・消化管のうっ滞・異物

・脱皮不全

・代謝性骨疾患

・総排泄腔脱

・外相、膿瘍

以上が、ヒョウモントカゲモドキに多い病気です。

  1. 食欲が落ちた
  2. おなかが張ってきた
  3. 脱皮がうまくいかない
  4. 尾がやせてきた
  5. 便秘をしている
  6. しっぽの根元が腫れている
  7. 目が開かない

などの症状がありましたら、ご来院ください。

ペットとして

生涯ケージで管理でき、人と接することにストレスをあまり感じず、飼いやすい爬虫類です。

黄色やオレンジなどカラフルな品種も多いため、女性に人気が高いです。

特徴

・体重は約50g、体長は約20cm

・舌を使って、ペロペロと顔や眼のあたりを舐める。

・尾は太くて大きいですが、自切することがあります。

生態

野生では、アフガニスタン・パキスタン・インド北西部の荒地や岩の多い乾燥した草原に生息しています。

夜行性で1頭の雄と数頭の雌でハーレムを作っています。

食餌

養殖餌用コオロギが主食です。

その他、ワーム類、ゴキブリ、レップミール

飼育環境

・45cmくらいの水槽が推奨されますが、プラケース、衣装ケースでも大丈夫です。

・床材:ペーパータオル、ペットシーツ、新聞紙

・温度:25℃

・隠れ家

ページトップへ